早稲田のアトリエ


プロジェクト名 早稲田のアトリエ
建築用途 アトリエ+住宅
担当 秋吉正雄
設計主旨 築50年近い住宅の全面リフォーム。一部取り壊しの上、おばあちゃんの部屋を新築し、母屋部分の1階と2階をそれぞれ娘夫婦のアトリエと居住スペースにリフォームする。1階のアトリエは可能な限り壁材を撤去。床面を低く天井を高くし、ゆったりとした空間を目指す。吹き抜けでアトリエと連続した2階居住スペースは広いデッキテラスとも接続する。スロープ、玄関、坪庭とつながる細長いゾーンは、おばあちゃんの領域と娘夫婦の領域を緩やかに仕切る緩衝帯となっている。
主体構造 木造+一部鉄骨造
主要仕上材料 屋根 ガルバリウム鋼板 t=0.6mm 立てハゼ茸き
外壁 ガルバリウム鋼板 断熱サイディング
内装 内壁 ラワンベニヤ t=15mm ワックス塗装
   床  アトリエ モルタル金ゴテ押え
   住居 唐松縁甲板張り t=15mm オスモカラー塗装
   デッキテラス部 イペ t=20mm
建築面積 119.52u
現状延床面積  77.25u
back